お店・売り場の店長の適性

リーダーシップ理論や、マネジメントの理論がかなり紹介されてきていますので
だいぶ店長に必要な適性を学習をできるようになってきました。

リーダーシップとは、組織のあるべき姿を描いてメンバーを導く力。
組織のビジョンを描き、人と一緒に歩む力のある方です。
マネジメントとは、マネジメントの語義でもある、組織の目標をどうにかなんとかする力。
組織に起こる困難を、あらゆる資源を用いて、目標達成を実現させる方です。

このリーダーシップ力と、マネジメント力の双方が、
お店・売り場の任せられている店長に求められているわけですが、なかなか難しいものです。

ただ、この店長の二つの力、リーダーシップ力とマネジメント力によって、
メンバーのやる気に引き出せるかどうか、目標達成に向けた行動をできるどうか
大きく影響を及ぼします。

お店・売り場の店長を適性を見出したうえで、店長を抜擢できると
お店・売り場の目標達成できる組織への成功の確率が高まります。

そこで、ずばり私たちが店長を選ぶ際にポイントにおいていることをお伝え致します。
それは、興味があるかどうか、という点です。
部下や後輩、お店・売り場のメンバーについて、しっかりと興味をもって
育成できる方なのかどうかで、店長を選考しています。

頑張り屋なんですが、自分の売上やスキルアップにとらわれてしまっている方は、
店長、人を束ねることに向きません。

ご自身の売上やスキルアップをモチベーションに働くということが悪いというわけではありません。
組織、お店・売り場を率いリーダーシップを発揮できる方というのは、人に興味を持つことが自然とできる方なのです。

リーダーシップ力やマネジメント力の向上を目指す研修を行っている立場で
お伝えするのは気が引けますが、赤レンジャーは赤レンジャー、人が集まるところで自然と求心力を発揮する人は必ずいます。
黄レンジャーが赤レンジャーにはなるには、相当の努力が必要だということです。

皆さんのお店の店長は、人に興味を持ち、リーダーシップやマネジメント力を発揮できる人材を抜擢できるといいですね。

その資質を安価に見分けるパーソナリティ診断も当社のサービスにありますので、ご興味のある方はお問合せください。
→ パーソナリティ診断の詳細はこちらです。http://bs-story.co.jp/organization-and-person/people

「任せる技術」小倉広氏の著書に、リーダー適性がない人という参考になる記事がありましたので、ご紹介いたします。
・相手の感情や心に関心がなく、合理的な政界のみを追求している人
・相手の利益よりも自分の利益ばかりを考えている人
・物事を短期的な損得勘定だけで判断してしまう人
・相手に対して心を開かず何を考えているのか分からない人
・過度に遠慮をしてしまい、相手に何かを要望することが出来ない人
・相手を喜ばせようというサービス精神にかける人
・場の空気を読むのが苦手な人
・相手の気持ちを考えずに自分の言いたいことだけをマシンガントークのようにしゃべり倒す人
・将来の可能性を推測出来ない人
・思いつきと好き嫌いで物事を判断できない人
・言行不一致が目に余る人
・嘘をつく人、ごまかす人
・不平不満ばかりを言っている人

最後に多くの管理職を見てきた私の意見を加えると、人を信用できない人は、店長に向きません。

ご参考にしてください。


kawaku_blog川九健一郎

株式会社ビジネス・サクセスストーリー代表取締役。

組織開発・人材育成・VMDコンサルティングのすべてのディレクションを担当。

ご意見・ご質問お待ちしております。

[freeVMDchecklist]