店舗のディスプレイですぐできる3つの基本

c9e42240[1]

 

私たちは、売れるお店・店舗をVMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)

という手法で 造り上げていきます。

ディスプレイの基本については、色々書籍が出ていますが、

それを正しく実行していくのは 意外と難しいものです。

今回は、皆さんのお店ですぐにでも実行できるディスプレイをお伝え致します。

ご存知の方も多いと思いますが、正しく・適切に行うことなのが基本です。

私たちが行う店舗変更ディスプレイのコンサルティングにおいても

気を付けて実行しているポイントです。

ご参考にしてください。

 

1.正しくセンターに商品を陳列する


陳列方法には、3つの並べ方があります。他の陳列の方法もありますが、

まずはこの3つの基本をおさえて頂くことから初めてください。

1.シンメトリー陳列

中心から左右対称に商品を陳列する

2.カラーグラデーション陳列

カラーの配列に陳列する

3.リピート陳列

何かしらのルールを設けて陳列し、それを繰り返して陳列する

 

この中で、基本中の基本の1.シンメトリー陳列について、

正しく行うことによって、お店が引き締まり、商品を引き立たせることができます。

display-center
棚、ディスプレイ什器なんでもいいのですが、陳列する商品を中央に配置することを

正しく実施してください。

「そんなこと言われなくてもできているよ!」とおっしゃる方が多いと思いますが

それができていないお店・売り場が驚くほど多いです。

プロでさえも、定規を片手に陳列することから始めるくらいです。

皆様も、定規を片手に陳列することを初めてみてください。

陳列什器に対して商品がセンターにしっかりと決まると、驚くほど売り場がすっきりします。

 

 

2.エリアコンセプトを守る


それぞれの業態、ドラックストア、セレクトショップ、八百屋さんにしても

商品を陳列するエリアを決めています。

入口付近では、○○の商品、次には、▽△の商品と。

この決め方にはしっかりとした決め方がありますが、

このコンセプトを崩さずに販売をしてください。

お店・売り場の販売実績が悪くなってきた時に、やりたくなってしまうのは

部分的に商品陳列を動かしてしまうことです。

この商品は、ここだから売れないのではないか?

ちょっとずつ、ちょっとずつ変更を加えているうちに、お店全体の陳列がガチャガチャに、、、

お客様に、お店・売り場の中でどこにどのよう商品が並んでいるのか?

覚えて頂く事は大切なブランディングにも繋がります。

 

ちょこちょこと陳列を変えるのではなく、

変更するときは店舗ディスプレイのコンセプトからしっかりと見直し、

ディスプレイ変更をしていきましょう。

 

部分的な売上にとらわれるのではなく、お店・売り場全体の売り上げの向上を最優先して

店舗ディスプレイを決めていきます。

 

 

3.お客様の気持ちになって陳列する


 

毎回、毎回、出てくるキーワードですが、「お客様の気持ちになる」これが本当に大切です。

どうしても、売りたい気持ちが先に立って、ある商品・サービスを

みっちりと陳列してしまったり、これがいいでしょ!と売り手側の視点が優先された

陳列になってしまったりします。

買い物をしているのは、お客様です。

お客様がどうすれば、お店・売り場の商品に興味を持っていただき

購入しているいただけるか、じっくりと考えて商品陳列をしてください。

 

しっかりと思いの伝わっている商品は、

価値が高まり1,000円の商品が1,500円の価値を持つようになります。

価値が高まることによって、お客様の購買後の満足度が高くなり、

次のリピート購入やお知り合いの方への口コミにつながります。

 

1.正しく商品をセンターに陳列する

2.エリアコンセプトを守る

3.お客様の気持ちになって陳列する

 

お試しください!

 


 

左近允育郎(VMD担当)sakonju_blog

 

 

 

実績

グッチグループジャパン
トッズジャパン(HOGAN,ROGER VIVIER) 商品部ビジュアルマーチャンダイジングマネージャー
マイケルコースジャパン株式会社 ビジュアルマーチャンダイジングマネージャー
マイケルコースチャイナ VMD兼務 ector
クリスチャンディオール株式会社 ビジュアルマーチャンダイジングマネージャー

現在は、ファッション業界だけにとどまらず、飲食販売、雑貨店、セレクトショップ、

美容サロンなどのVMDを実施。

[freeVMDchecklist]