【eラーニング研修】eラーニングサービスがスタート

 

環境保全に対する適切な知識を身につけてグローバルから叩かれないようにする

 

持続可能な開発目標(SDGs)は、持続可能な地球環境を目指そうとする取り組みです。

SDGsの17の目標は、市民社会、国、政府、企業、NPO、NGOが参加して世界全体で優先して取り組むべきもので、すべての方々が当事者意識をもって、これらの課題に取り組み、解決策を生み出すことが一層期待されています。

地球自然を適切に公正の視点からとらえた場合、発展途上国では、消費者や顧客が企業の社会的責任について一層敏感になっており、企業がこの問題に対して真摯に向き合うことができるのか、世界からの注目度は高まり、企業取組むべき課題として優先度が高くなっています。

そのため、既に多くの日本企業がSDGsを支持する動きを見せ活動を実施しています。たとえば、循環型社会構築(SDG12)や気候変動対策(SDG13)などに取り組んでいます。実際、大手企業を中心にSDGsに取組む日本企業は急増しており、対外的なメッセージは強まっているように見受けられます。

一方、そのような企業の内部に目を向けてみると、社員の方々のSDGsやESGに対する理解や浸透度はいかがでしょうか。

CSRなども同様ですが、SDGsやESGについても専門分野の組織が対外的なメッセージのために懸命になり、部分的な取り組みになっているような企業も少なくはないのではないでしょうか。

今、この時代は情報化社会です。SNSなどによる社員の一部の行動や言動が企業の大きな損失に変わることある社会です。

社員一人一人が、SDGsやESGに対する適切な知識を身につけて、企業活動を行えるようにしていくべきでしょう。

本eラーニングは「SDGs  15.陸の豊かさも守ろう」について学べるeラーニング研修です。

グローバルリスクにおいて環境問題は上位を占めるようになっています。まず、環境についての適切な知識を身につけることが、SDGs推進を進めるにあたり重要なテーマのため、「BSSアカデミー」の第一弾として、このeラーニング動画を用意をしました。

間違った知識による活動によって、あなたの会社がグローバルから叩かれないようにするため、適切な知識を身につけてください。

詳しくは、こちらをご覧ください →  https://bs-story.co.jp/organization-and-person/e-learning ‎